治験バイトの種類やおすすめサイトについて

2020年にスマホで稼げると口コミなどで評判になっているのが「治験バイト」です。

治験とは何かというと、厚生労働省から新しい薬の認可を得るためにする臨床試験のことです。
製薬会社が新しい薬を商品として売り出すには、厚生労働省から「この薬は安全」という認可を受けなければなりません。
そのための臨床実験として、治験を行うのです。

そして、一口に治験バイトといっても、全部の内容が同じということはありません。
薬によって効果は異なるので、短期で経過観察をするか、長期で経過観察をするかに分かれます。
さらに、観察する期間などにより、通院か入院かにも分かれます。

まず、短期通院の治験バイトの場合。
この場合は、指定された日に病院に行き、そこで薬を試して効果をチェックします。
試す薬は、即効性の物や効果が弱い物が大半で、日帰りで行うことが可能です。
とはいえ、経過観察は必要なので、数時間~半日は病院にいなければなりません。

また、1日で終わるとは限らず、毎週日曜日などというように飛び飛びになることもあります。
全部に参加しなければ報酬は得られないので、スケジュールをしっかりチェックしましょう。

次に、長期入院の治験バイトの場合。
この場合は、実際に入院して薬の効果を試すことになります。
服薬や検査の時間はむろん、食事や運動などの時間も決められており、その中で治験を行うことになります。

それ以外は、基本的に自由時間となります。
外に出ることや飲酒などの制限はあったりしますが、他の治験者との会話や読書などは問題ありません。

そして、決められた日数の入院期間が過ぎれば、報酬が得られることになります。

では次に、おすすめの治験バイトの募集サイトについて見ていきましょう。

以下で紹介するサイトは、いずれもスマホから応募することができます。

「JCVN(医学ボランティア会)」。
こちらは、2006年の6月設立の治験バイト募集サイトです。
こちらで募集している案件は全国が対象地域であり、掲載数も多めです。
健康な男女を対象とした案件が大半なので、副業としても始めやすいといえます。

「CVS(クリニック・ボランティア・サポート)」。
こちらは、MAXメディカルが運営している治験バイト募集サイトです。
他のサイトと比べると歴史が浅いですが、治験バイトは基本的に20歳以上が対象なのに対して、こちらでは保護者の同意があれば未成年でも参加できる案件も扱っています。

SNSでもご購読できます。